>

シールタイプがおすすめ

汚くなった壁紙の修繕ぐらいだったら、自分でもできます。
業者に任せる料金が発生するので、自分で行った方が経済的です。
今はシールタイプの壁紙という便利な製品が登場しているので、それを活用してください。
裏面がシールになっていて、何度でも貼り直しができます。
しかも、そのまま今の壁紙の上から貼れる面がメリットですね。

わざわざ壁紙を剥がしてから貼らなければいけない製品だと手間が増えますし、賃貸では利用できません。
シールタイプの壁紙なら退室する時に剥がせば良いので、賃貸でも使用できます。
賃貸の間取りや賃料は希望通りでも、内装のイメージが合わないという時があると思います。
そのような時は、壁紙を貼り替えてください。

気泡が入らないように注意

綺麗に壁紙を貼るコツは、端からゆっくり壁にくっ付けることです。
雑に貼ると気泡が入ったりシワになったりして、見栄えが汚くなるのでゆっくり作業してください。
また必要な壁紙のサイズは、壁に合わせましょう。
ピッタリのサイズがなかったら、実際の壁よりも少し大きいサイズを選んでください。
そして、いらない部分を切り取りましょう。

実際の壁よりも小さいサイズの壁紙を購入すると、足りなくなるのでまた買わなければいけません。
出費が増えますし、うまく壁紙同士を繋ぎ合わせるのが難しくなります。
綺麗に貼れる自信がない人は、洗面所の壁などお客さんに見られにくい部分で練習しましょう。
それからみんなに見られる、リビングの壁紙を貼り替えてください。


自分の力で何ができるのか

この記事をシェアする