レディー

自分に合った健康的なダイエットで理想の体型を目指そう

睡眠不足は大敵

ビキニの女性

正しい睡眠時間

ダイエット時における睡眠は非常に重要です。しかし、現代では睡眠が不足がちな方が多く十分な睡眠時間が取れていないというようなことが起きています。では、理想的な睡眠時間とはどのくらいなのでしょうか。一般的には8時間睡眠が良質な睡眠時間とされていましたが、理想の睡眠時間は年代によって変わり、ダイエット率の高い20代以降の方の理想的な睡眠時間は「7時間」です。また、より深い眠りのノンレム睡眠はダイエットで重要な新陳代謝を高め、免疫力を向上させるのでノンレム睡眠が出来るように睡眠前に身体を温めて置いたり適度な運動を生活に取り入れると良いでしょう。寝つきが悪いという人は寝具が合っていなかったり、リラックス出来ていない場合が多いので環境を整えるということも必要です。最近では暗い部屋でスマホの画面を眺める方が多いですが、この行為も睡眠不足を招きますので目を疲れさせないように睡眠時には明るい画面を見ないようにすることも大切です。

睡眠とホルモン

良質な睡眠とダイエットの関連性ですが、これは睡眠時に分泌されるホルモンが関係しています。深い睡眠を行うことで食欲増進ホルモンである「グレリン」が分泌されにくくなり、食欲を抑制する働きがある「レプチン」が分泌されやすくなるためカロリーが消費されやすくなるのですが、逆に睡眠が不足してしまった場合はグレリンが増えてしまい、食欲を抑えるレプチンが減ってしまうため無駄な摂取カロリーが増えてしまうのです。夜更かしをしている最中にお腹が空いてしまう原因は、食欲を増進させるグレリンが増えてしまうため空腹を感じてしまうのです。睡眠不足は間食を招きやすく、カロリーの消費もされやすくなるのでダイエット時に質の高い睡眠を行うことは非常に重要です。睡眠とダイエットに必要なホルモンの関連性を改めて考え、生活を見直してみましょう。

病気のリスク

ダイエットと睡眠はとても密接に繋がっていますが、睡眠不足は太りやすくなってしまうというだけでなく病気にかかる可能性も高まります。睡眠は人間の三大欲求のひとつとされているほど重要ですが、この睡眠が不足してしまうことで前立腺がんや糖尿病のリスクを高めてしまうこともあります。また、免疫力が著しく低下してしまうことで重大な病気にかかりやすくなってしまうのです。この他にも老化の促進や精神的な面で影響を及ぼしてしまうこともあり、ダイエット中などに睡眠が不足するだけで身体に様々な危険が付きまとってしまいます。ダイエットで順調に痩せてきても、病気のリスクを高めてしまっては意味がありません。ですから、出来る限り睡眠前に質の良い睡眠を意識し、深い眠りにつくことが出来るような工夫を行うということが必要です。食材の中には安眠効果の高いものもあるので食事に取り入れたり、また、温かい飲み物は良質な睡眠に繋げてくれるので睡眠不足気味の方に効果的です。ダイエット中は食事も制限しがちで眠りにつきにくいという方も多いですが、質の高い睡眠を行うために何が必要か考えることが大切です。良い睡眠を行い美しく健康な身体を目指しましょう。